お店選び

マッチングアプリでの出会いでは一期一会ですので、その日に勝負をかけましょう。

 

女性は連続して何人ものの男性と出会う場合が多く、次に会えるとは限りませんので、いち早く深い関係になる必要があります。

 

ですから、デートの場所は、ラブホテルがある街を選びましょう。

 

 

お店は、普通の居酒屋で大丈夫です。但し、小ぎれいな店である必要があります。

 

判断基準として、女性のお客さんが沢山入っていれば合格です。

 

初回から高級店を予約してはいけません。相手から重い、と受け止められる可能性があります。

 

予算的には、2人で3000円〜10000円程度で十分です。

 

その代わり、全額男性が支払うようにしましょう。

 

 

金銭的に厳しい場合は、食事をしないという手もあります。

 

つまり、食事の時間をあえて避けてデートを設定し、カフェやバーで話すと良いでしょう。

 

 

重要なことは、一緒に食事やお茶をすることではありません。

 

会話で相手の女性を楽しませること。それができれば、相手を口説き落とすことができます。

会話のネタ

どのような会話を話せば良いか、解説していきます。

 

ウォーミングアップ会話

会話序盤では、まず以下の話題で場を温めましょう。

  • メッセージでやりとりした内容
  • 今お互いの目の前にある店舗の雰囲気
  • 相手のファッション、持ち物

 

自分話ストーリー

会話内で、普段の自分を伝えれるストーリーを、2,3個話しましょう。(使いまわし可)
自虐的な内容の方がいいです。自慢話をする男が多い中で、差別化できます。
例えば、

  • 会社で起きた、自分のミスにまつわる話

などです。

 

男女話

男女である事を意識させる会話が大切です。但し、安易な口説きは入れてはいけません。
例えば、

  • 彼氏話
  • 元彼話
  • 最近の合コンネタ
  • 結婚観
  • 最近付きまとわれたウザい男
  • 会社内でのセクハラ
  • 夫の話

などです。

 

悩み話

男女話を挿入しても今ひとつ反応は出てこない場合、無理に引き出そうとしてはいけません。
恋愛どころじゃない人もいるので、相手が話したがっている他の話題へと会話をシフトさせていきましょう。
例えば、

  • 仕事の話
  • 転職、就職の話
  • ウザい上司、使えない部下
  • 子供の話し

などです。

会話テクニック

相手から会話を引き出す為に心がけるテクニックについて解説していきます。

 

 

「質問+フォロー」は1セットで

質問が連続すると相手に尋問されている感を与えてしまうので、質問した後は必ず相手の発言を拾ってフォローをしましょう。
尋問予防フォローの後は、角度を変えた質問をして会話をつなげていきます。
例えば、
「いくつ?」⇒「また嘘ついて笑」⇒「じゃあ、学生か?」⇒「勉強しているイメージ沸かない笑」
のように、
「質問⇒フォロー⇒角度を変えた質問⇒フォロー⇒…」
を繰り返していきましょう。

 

あいづち

相槌をしっかり打ちましょう。相槌のバリエーションが多ければ多いほど、話を引き出しやすいです。

  • 「マジで?」「わかるわかる!」「なるほどね!」
  • 「ほんとかよ!」「出た!」「ネタでしょ!」

 

悪共有

ターゲットから出てきた愚痴に対して一緒に悪口を言うことで、一気に精神的な距離感が縮まります。

 

否定せず共感する

相手からから出てきた愚痴や悩みに対して、完全に同意しかねる場合であっても、「気持ちはわかる」というスタンスで会話していきましょう。