服装選びの秘訣

タイプの女性に合わせた服装をするのがセオリーですが、多少チャライ服装の方が良いです。

 

ちゃんとファッションに気を遣っている感が出ますし、後で真面目な一面を出すと、プラスのギャップが生まれるからです。

 

真面目な印象を最初に与えてしまうと、口説こうとする際に「そんな人だと思わなかった」とマイナスのギャップを与えて嫌われてしまう可能性があります。

 

人は見た目と行動が伴っていると、信頼を得やすいのです(コングルーエンシー効果と言います)。

ファッションを学ぶ

ファッションに疎い人は、ファッション雑誌を読んで研究しましょう。

 

ファッションブロガーMBさんのメルマガ(月540円)もおすすめです。

 

MBさんのブログ

 

季節に応じた服装を学ぶために、1年間購読されてはいかがでしょうか。

 

また、日頃接している女性からファッションの情報を仕入れる姿勢も大事です。一緒に買い物に行ったり、女子ウケがいいアイテムを聞いて勉強しましょう。

どこで買うか?

ユニクロ等のファストファッション店に行きましょう。

 

センスが無い状態で高級店に行っても、服を選ぶのに失敗することが多く、無駄金になるからです。

 

お金をかけるのは靴だけで十分です。

 

高いか安いかよりも、@自分にフィットしたサイズと、A色合わせ、がファッションの肝です。

 

自分のぴったり服のサイズ(肩幅、着丈、ウエスト、股下など)を控えておくと、サイズ選びを間違えにくいです。

 

色は基本的に黒/紺/グレー/白などの無彩色でまとめ、ワンポイントだけ派手な柄や挿し色を活用して、遊び心を入れると良いでしょう。華美にしすぎると、わざとらしさが出て、オシャレではなくなります。

春・秋服編

ジャケパンスタイル(ジャケットにTシャツ+ジーパンのような格好)のような、綺麗めカジュアルが最も幅広い女性に受け入れてもらう事が出来るのでお勧めです。

 

靴:チャッカブーツ(黒、茶、紺)。Clarksのデザートブーツ(スエード素材)が通気性良く、メンテナンス(ブラシのみ)が楽でオススメです。

 

ボトムス:ユニクロの「スキニーテーパードジーンズ」(黒)

 

トップス:テーラードジャケット(紺、黒)、レザージャケット(寒い時期)、麻シャツ(暑い時期)。本革レザージャケットは、Liugoo Leathersが質よく安価でオススメ。

 

インナー:ユニクロの「スーピマーコットン」Tシャツ(白、グレー)が、肌触りが最高です。

 

小物:ストールを活用しても良いでしょう。

真夏編

爽やかな明るい服装を意識しましょう。

 

靴:スニーカーやスリッポンであれば、涼しいでしょう。ブーツは暑苦しく見えるので避けましょう。

 

ボトムズ:裾をロールアップして、足首を見せると涼しいですしし、季節感が出ます。ジーンズだと、自宅でそのまま洗濯しても皺になりにくく便利です。(綿パン等ですとと、洗濯でしわになりやすいので、クリーニングおすすめです)。ユニクロは基本おっさん体形に合わせて作られていますが、「スキニーテーパードジーンズ」はおすすめです。

 

トップス:リネン(麻)シャツ1枚が涼しくておすすめです。

 

小物:(半袖の場合は手元が寂しいので)ブレスレットやバングルを着用しましょう。(Tシャツ等、首元が寂しい場合は)ネックレスを着用してもよいでしょう。アンプジャパンがオススメ。

 

真冬編

風邪をひかないように温かい恰好を心がけましょう。

 

靴:サイドジップブーツがオシャレに見えますし、履きやすいので便利です。

 

ボトムス:裏起毛のものがあれば、暖かいです。中にタイツを履くと最高です。

 

トップス:ニットが女子ウケが良いです。(霜降り糸のショールカラーカーディガン、セーター等) 

 

アウター:チェスターコート等、各自似合うものを選びましょう。ある程度お金をかけた方が良い場所です。

 

インナー:ユニクロの「超極暖」や「ヒートテック」が温かいです。

 

小物:ハット帽かニット帽を被りましょう。さらに、マフラーで首を温めると最強です。