ホテル直行

ここでは、LINEで時間をかけて仲良くなったケースで、十分食いつきが確認できる場合に、ホテル直行を狙う流れについて解説します。

 

デート集合時は、LINEでのやりとりをネタに、会話をスタートさせましょう。

 

いきなりストレートにホテルを誘うことなく、まずは匂わせて様子を見ることを意識しましょう。

 

ホテル直前で出てくる女性からのテストも、焦らずにユーモアでかわしましょう。

パターン@

「で、どうすんの?」

 

「え、なんかご飯食べ行こう」

 

「やだやだ」

 

「笑なんで?」

 

「俺はもうご飯嫌だ」

 

「なんで? 何食べてきたの?」

 

「ご飯嫌だ。ご飯嫌だ。遊園地も嫌だ」

 

「えーもう笑」

 

手を差し出して握り返してくるかテスト⇒OK

 

「いや俺思うんだ、絶対そうなっちゃうんだよね、結局ね」

 

「だってまだ彼氏と別れてないし」

 

「え、分かれちゃ駄目だよ。」「じゃあ分かった、俺が、ホテルにあるもので料理作ってあげる、笑。 」

パターンA

「おなかすいてる?」

 

「うーん、食べてきたからそんなにすいてない」

 

「おお、偉い」

 

「笑、この時間ですからね」

 

「偉い。今、俺おなかすいたって言ったら我慢しろって言おうと思った」

 

「笑」

 

「寒いね」 ハンドテストする

ホテル直前

手をつなぎながら、ホテルに向かっている道中で

 

「何、どこ行くんすか?」

 

「え、何がですか?」

 

「え? この道」

 

「今、何いやらしいこと考えたんですか?」

 

「笑いや、だって、こんなとこ何もないじゃないですか」

 

「俺だって今もう焦って焦ってるよ、ああ、連れ込まれる」

 

「何、え、逆? 逆に?笑」

 

「笑、逆、逆。連れ込まれて拘束されるって」